Quaker

赤糸でQuakerをステッチ。

Quaker

Quaker

Quaker時系列に並べてみました。
こんな感じで進んでます。

尻切れな感じのステッチになってますが、これでよいのです。
ベルプルにしようとおもってます。

パターンは適当に並べてるので考えながら進めてます。
っていってもテキトーな感じは相変わらずですが。
今のところ、自分でも出来上がり予想ができない感じです。

赤糸のクロスステッチ

赤糸のクロスステッチ久々にクロスステッチを。
というのも、こぎん刺しをするつもりだったんですが、布の選択誤り。
左端にある三角のがこぎん刺しなんですけどね…。
布目が細かくてギブアップ。
これで終わるのもなぁ…とクロスステッチすることに。

リネンも久しぶりに触りました。
あーこの感触、やっぱり好きだ~♪

それにしても視力がガクーーーンと悪くなりまして。
目を拾うのにも一苦労。
そしてすぐに疲れるものですから、なかなかこちらも進みません。

どれもこれも完成しなくて、中途半端な感じです。

Zentangle

ゼンタングルっていうパターンアートが密かに(?)ブームらしいと知りました。
これ知った時「わ〜!こういうの描きたいんだ!」ってビビッときまして。
早速本を取り寄せて参考に小さい作品を。

マトちゃん

久々に焦がし絵。
すっごく楽しく描けました。

お絵描き、ストレス解消になるかも♪
ひとつのことに集中出来ないので、色々手をつけては中途半端なんです。
そういうところ、すごーく自分で自分が嫌になるんですが、合間にお絵描き入れるといいのかも…なんて。
結局また自分の首を締める感じになるんですけどね。(-_-;
で、何時ものごとく『楽しけりゃ、ま、いっか!』で納得させるのでした。

双糸出来ました。

ピンクと薄灰の双糸
紡いでいたピンクの糸。
薄灰色の糸と双糸にして、拠り止めしました。
長さは約9m弱。
太さは不揃いでなんとも味のある糸ですけども、ここまで出来ただけで嬉しい❗️
だって糸になってるんだよ〜❗️

編むのか織るのか決めてません。
どうしようかな、と思いつつ、画像のままの状態です。

そんでもって、新しい糸を紡いでます。
今度は鮮やかな濃青。
またまた双糸にする予定。
濃青は単色で紡いで、もう一方は多色で紡いでみようと思ってます。

この暑さで羊毛を触るのも本当は暑苦しいけど…。

紡ぎもまだまだ教えてもらわないとわからないことだらけ。
次回の教室が楽しみです。

形から入っちゃうんだなぁ

そう。私は形から入るタイプ。
なので、すぐに道具は欲しくなっちゃうんです。
それが今後の人生に不必要かも知れなくても、とりあえず手元にないと落ち着かないのです。
ある意味病気…
でも私だけじゃないと思うんだ。そういう人。(←完璧に言い訳。)

いいんだよ。それで私の短い人生、楽しめれば。その時楽しければいいんだよーーーー
少し反省をしながらも自分にはこう言い聞かせて甘やかしている。

とりあえず、お教室の先生から次回教室までに必ず買っておいて!と言われていたこちら。

Ashford Hand Carder

Ashford Hand Carder

ハンドカーダーです。
これはね、前々から買おうかなーとは思っていたものです。
ピンクッションの中に入れ込む油付羊毛を使うときにね、これを使いたかったの。
でも、お値段が結構するのね…。
見た目簡単な構造だし、梳くだけの道具なのに。
おまけにピンクッションを作る時だけだとしたら、そんなに使用頻度もないし…とスルーしていたブツ。
でも必要とあらば別ですわ。そそくさと買っちゃった。
先生に聞いたら『一度買ってしまえば、一生使えるから』って言ってたしー。
これ専用の巾着を作らねばと思っております。

で。こうなって糸紡ぎが楽しいと思えば、まずはスピンドルだよね

これは”Spindolyn(スピンドリン)”っていうスピンドルです。
エイっと買っちゃっいました。
スピンドル部分と、土台をセットで使います。
色々な体制でスピンドルできます。→詳しくはこちらの動画を(←Click!)
楽しい…。手軽にどこでも紡げちゃう。
でも肝心の紡ぎが上手じゃないけど…。
==========
【オーダーから届くまで】
5/9にオーダーして、届いたのは5/26。
発送したよメールとかくれなくて、問い合わせしたら追跡番号も教えてくれました。
でも、これLから始める第一種郵便で届くので、USを出たところまではわかるけど日本国内での状況はさっぱりわかりません。
無事に日本に到着してしいれば、日本の郵便事情は優秀なので大丈夫であろう…と待っていました。
==========

で、やっぱりもっと紡ぎたいよーーーーとなり。

Ashford Traditional Spinning Wheel

Ashford Traditional Spinning Wheel

お、おや
早くも紡ぎ車を手に入れてしまった次第です。
夫には『どえらい大きい荷物が届くけど驚かないで。』と言ってあったんですけどね。
あまりの大きさに家族も『なにこれ!?』と結局驚いていた。
この紡ぎ車もハンドカーダーと同じくAshford社のもの。
Traditionalという、紡ぎ車の中でも普及率の高いものみたい。
これは、現行のものではなくてちょっと古いものです。
現行との違いがいろいろあります。
一番の違いは…

Ashfordこのマーク。
ハンドカーダーのマークが現行のもので、紡ぎ車はこんなの。
いつの年代のものなんだろう?って調べてみたもののわからんかった…。
ほかにもいろいろ違います。
構造やらサイズやらは変わってないので、現行の備品とか使えるんですけどね。
届いたときには、そんなに状態は悪くないものの、色々不具合ございまして調整を自分で試みてます。
白木のまま、なんの手入れもされていなかったようなので、汚れをふき取って蜜蝋ワックスを作り保護材として塗りこみました。
(蜜蝋ワックスもさ、お手軽にHCで買おうと思ったのに、置いてないんだよ!しょうがないから手作りコスメ作るときに買ってあった蜜蝋で作ったったわ。)
キコキコいうので、結局バラして動作する部分にワセリン塗ったり。
足りないものは家にあるもので代用したり…。
手のかかる子ですよ…。
でもまだうまく調整できてない部分があって頭悩ませています。
原因っていうか、ここだ!っていうのはわかってるんだけど、そこをどうやったら調整できるのかいろいろやってるのに。
なのでスムーズに動かなくて、気持ちよく(自分の腕前はさておき)紡ぐのにはもう少し時間かかりそう。

Calendar

2019年4月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Comments

Category

Archive